些事の迷図

取るに足らない日々の雑感その他をブリブリとひり出していきます

英断だと思う

news.yahoo.co.jp

 

間接民主主義を肯定し、政党政治を肯定するならば、この前原氏の決断は英断と言えると思う。政党を組むという事は、細かい個々の主張についてはある程度妥協し、集団を構成する事でより重要事項に関する反対勢力に対抗するという点で、自民党だろうがどこだろうが、全ての政治家が大なり小なりやっている事だ。そのタイミングや動機、経緯を含めてどう捉えるかは人それぞれだろうが、私は今回の決断は、与党に問題ありと考えそれを是正するべしという観点からすれば、曲がりなりにも野党第一党の党首として、私心を捨てた英断として感じられた。

このまま民進党として選挙に臨めば、民進党として溶解が進むだけではなく、野党全体で票割れして結果自民党公明党の与党勢力は盤石のままだったろうし、野党共闘を進めたら結局共産党との距離次第で結局そこで票が割れてやはり自民党公明党は盤石のままだったのではないか。で、その時に「選挙前に希望の党と合流していればよかったのに」という批判の声が上がっていたのではないか。

結局日本で二大政党制にならない最大の要因は、憲法9条の護憲勢力を非自民側の最大野党がどうやっても抱え続けなければならなかった、という点に尽きるのではないか。共産党共産主義を抱えるが故に、一定の護憲勢力を取りこぼす事になり、結果それはどうしても非自民の野党に吸収されざるを得ず、その結果そこでも必ず護憲勢力改憲勢力の勢力争いが生じる。そして自民党改憲を掲げる以上、その対立軸である野党側ではどうしても護憲勢力の声が大きくなる。

国民の多くが自衛隊を肯定している現状において、護憲勢力の主張はどうしても矛盾を孕まざるを得ない。自衛隊を肯定するならば改憲しなければ論理的に整合せず、自衛隊すら否定するとなると安全保障の主張が支離滅裂になる。

結局、一般的な論理に従うならば、護憲を掲げるという事はもはや二大政党制の二つの政党どちらも持ってはいけない旗であり、こういっては護憲支持の方々には失礼だろうが、第三極以下の少数政党としての存在意義しかなくなっているというのが現状ではないか。

そう考えれば、民進党が解党され希望の党に吸収される過程において、護憲原理主義の一派が離脱し泡沫政党となる事で、ようやく日本の2大政党制がスタートラインにつくのではないかと思う。そして多くの日本人にとって、それはついに自民党の経済政策への現実的な対抗選択肢となる政党が出来る事を意味するのではないか。

まぁ私は間接民主主義も政党政治も二大政党制もクソだと思ってるスイス的直接民主制支持者なので、希望の党民進党もどうなろうがどうでもいいっちゃどうでもいい。私には英断に感じられたが、多くの人にとっては批判すべき行動と映ってるようだ。となれば合流した希望の党にとっても毒を抱え込むだけになるのかもしれない。どうなるんだろうなぁ。

記録が無い事に罰則を

news.yahoo.co.jp

 

 まぁ業務時間中の記録を完璧に保存したところで、プライベート扱いの時間にやり取りされたら追いようもない面もあるんだが、とりあえずまずは業務中の記録保持はちゃんと罰則規定ありで規則化せんとあかんよなぁ。

それに反対する議員はいるんだろうか。もしいるならどういう理屈なんだろう。

 

差別と排除は社会の要諦

news.yahoo.co.jp

 

それを否定するという事は、日本の国籍と領土を「無条件に」非日本人に明け渡して良いという事とイコールのはずだが、そこで賛同する日本人はたぶん少ないだろう。少ないんじゃないかな。少ないといいな。

が、タイトルのようなフレーズを肯定する事は、大多数の日本人は受け入れないだろう。なぜなら差別はいけない事だと思ってるし、自分は差別なんかしない人だと思ってるからだ。まぁ自分をどう定義するかは自由と言えば自由だが、自己矛盾や現実乖離した思想に取りつかれる事はストレスたまって良くないと思うんだがな。バグのあるプログラムが仕込まれたロボットみたいなもんだ。社会にはどうにもならない矛盾を背負わざるを得ない事もあるだろうが、デバッグ出来る事はデバッグしていった方がいいと思う。自分達が肯定する差別と排除があるって事をもっと多くの人が自覚した方が、よい社会になると思うんだがな。

閑話休題蓮舫さんの問題は、問題視している人達からすれば、二重国籍だったかどうかが問題なのではなくて、蓮舫さんが蓮舫さんである事、彼女の思想、物言い、立場、影響力、存在そのものが問題なんだろ、と思う。例えばこれが金美齢さんのような主張の持ち主だったら、たぶん右の人達もほとんど文句なんか付けないんじゃないんだろうか。

一言でいえば、好きか嫌いか、それだけだ。感情論だ。が、私はそれは社会においては大事な事だと思う。我々は、自分達の肯定する秩序を崩壊させうる可能性を持つ人や主張や文化を嫌う。これは右も左も、およそ社会性を持つ全ての人間に共通の性質だと思う。そういう意味で、いわゆるヘイトスピーチとやらをやる方々も、いわゆるカウンターデモとかをやる方々も、反対陣営の思想や存在が憎くてたまらない、という意味では双子みたいなもんだと思う。

しかし最近の政治ニュースとか見てると、右と左というか、保守とリベラルというか、与党と野党というか、安倍派とアンチ安倍派というか、がお互いに逆噴射しあってるというか、オウンゴールを競い合っているというか、そういう感じに見える。まぁ間接民主主義ってのはそういうものなのかもしれんが。